男性

警備会社に依頼すれば安心することができる

さまざまな業務内容

ガードマン

警備する対象

警備会社は、警備を依頼した利用者と契約を結び、利用者の生命や資産等が侵害されないため、さまざまな事件やアクシデントを未然に防止する業務を行います。警備会社が行う警備業は、警備業法という法律でさまざまなことが規定されています。警備は、各種の契約に沿って実施されます。そして、公共の建物や街の道路など、たくさんの人の往来がある場所での警備は公共性を有しています。そして災害が起きた際には、警察や別の都道府県の警備業者と連携して、避難所の警備等に従事することになっています。警備会社が行う警備には、警備業法という法律によって、4つに分かれます。1つ目は、施設整備業務です。これは住宅や駐車場、ビルやテーマパーク等を警備します。ちなみに、センサーを装着して、別の場所で監視する業務も該当します。2つ目は、交通誘導警備業務と雑踏警備業務です。雑踏警備とは、祭りや行事などの人だかりのある場所での誘導警備のことです。3つ目は、輸送警備業務です。これは、貴重品や現金、核燃料などの移送を警備します。4つ目は、身辺警護業務です。これは、ボディーガードとも呼ばれます。ちなみに警備員は、法的に特別な職権は有していません。警備会社の業務は、一般人と同じ立場で安全かどうかを注視し、事件やアクシデントを防ぐものです。警備業務は、特別な職権ではなく、警備の専門家としての能力や経験、依頼者との信頼関係のうえで成立しています。