男性

警備会社に依頼すれば安心することができる

安全を守る仕事

防犯カメラ

4種類の警備

安心に日々を暮らしていくためには、防犯対策は不可欠です。特に住宅は不審者の侵入を防ぐために、あらゆる対策を行う必要があります。確実に防犯対策を行うには、警備会社に防犯を依頼すると良いでしょう。防犯対策は個人でもある程度はできますが、やはりプロである警備会社に依頼したほうが確実だからです。警備会社のサービスは、警備業法という法律に則ったものになっています。警備業法は大きく分けて4種類に分けられます。まず施設警備業務です。私たちが住んでいる家やビル、商業施設、遊園地、駐車場などの施設を警備する業務です。実際に人が警備する場合はもちろん、カメラやセンサーなどの機械を使用して警備する場合もこの業務に含まれます。次に交通誘導警備業務と雑踏警備業務です。工事現場などで自動車や歩行者を誘導したり、お祭りなどのイベントで参加者を誘導したりする業務です。輸送警備業務では、現金や貴重品を指定の場所に輸送する業務を行います。例えばATMの現金を回収し、輸送することが挙げられます。最後に身辺警備業務です。別名ボディガードとも呼ばれるもので、依頼者の生命や財産を守る業務です。最近増えている事例で言えば、ストーカーから身を守ることが挙げられます。基本的に警備会社の仕事は、この4種類に分けて行われています。自宅の警備を依頼する場合は、施設警備業務に該当します。警備員には特別な権限などはありませんが、依頼者の安全を守るために全力を尽くしてくれます。