SECURITY

警備会社に依頼すれば安心することができる

家を守る方法とは

警備員

長所と料金

自宅や店舗、会社の安全を守るため、これまでよりも鍵を厳重にし、人感センサーや防犯カメラを設置しているところも多いでしょう。もちろん、防犯を意識してそれらをすることはとてもいいことです。新しい防犯性の高い鍵にしたり、壊れた鍵を新しくしたりするだけでも外からの侵入を防ぎ、身を守ることができます。横浜や川崎を始め全国に鍵屋は数多く存在するため、鍵の交換や修理などがあれば鍵屋に依頼をすることが可能です。24時間365日対応してくれるためいつでも依頼をすることができます。また、鍵の紛失時にも即座に対応してもらうことができるので夜間であっても安心することができるでしょう。その他にも、玄関の鍵だけでなくバイクや車、金庫の鍵開けも対応してもらうことができるため、用途に応じて鍵屋を利用するといいです。また、防犯の方法は他にもあり、警備会社も頼りになります。しかし、警備会社はTVCMなどで見かけても実際に頼りになるのか疑問に思っている人も多いものです。警備会社を取り入れる長所ですが、自宅を留守にしている時や、就寝中に、窓やドアが開くとセンサーが作動し、警備会社からスタッフが駆けつけてくれます。また、必要に応じて、警備会社が警察に通報してくれるのです。24時間、365日対応しているため、いつでも安心して、家を空ける事ができます。誰かに守ってもらえると、安心感が高くなり、リラックスして生活できるでしょう。大手の警備会社であれば、全国に拠点を持っているので、もしもの時でも、素早く対応し駆けつけてくれるのです。早く対応できれば、大切な財産が盗まれる前に、阻止する事ができるでしょう。警備会社というと、空き巣などの、侵入者対策だけだと思っている人も多いでしょう。実は、警備会社によって、火災にも対応しているのです。就寝中や外出中に火災が起きると、煙や温度を察知し、音で知らせてくれます。また119番に通報して、スタッフも駆けつけてくれるのです。また警備会社も進化しており、警戒システムを、セットし忘れて外出した場合でも、遠隔で操作できる警備会社もあります。気になる料金ですが、平均的な一軒家の場合には、レンタルで月4千円ほど、買取で月5千円から1万円程度で使用できます。この程度の価格で、安心を手にいれることができるのは、安いと言えるでしょう。

防犯ならプロにおまかせ

鍵

警備会社には、個人向けのサービスを提供しているところがあります。実際に利用する際には、サービスの利用にかかる料金や、機材の設置にかかる費用について確認しましょう。警備対象は子供から年配者まで、老若男女を問わずにサービスが提供されていますので、不安な時は利用を考えてもいいと思います。

さまざまな業務内容

ガードマン

警備会社の行う業務は、警備業法という法律で定められています。この法律は施設整備業務、交通誘導警備業務と雑踏警備業務、輸送警備業務、身辺警備業務に分類されています。これらは、それぞれ警備する対象が異なります。

安全を守る仕事

防犯カメラ

警備会社の業務は、警備業法という法律に則って行われます。具体的には、施設警備業務、交通誘導警備業務と雑踏警備業務、輸送警備業務、身辺警備業務の4種類に分けられます。警備員に特別な権限はありませんが、全力で依頼者を守ってくれます。